2019 / 11   «« »»
01
F
02
S
03
S
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
11
M
12
T
13
W
14
T
 
15
F
16
S
17
S
18
M
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
25
M
26
T
27
W
 
28
T
29
F
30
S
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
▼2019/11/24 



≪ConoHa 待望の新サービス誕生≫
初期費用無料・最低利用期間無し・月額1,200円から
 国内最速!高性能レンタルサーバー
『ConoHa WING』を提供開始

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】



[11/18]の[コピーボタンscriptあった!]★こちら★の記事で、
クリックでコピーボードに取り込めるタグソースの、参考ページを探したと書いている。

似たようなページは、いくつか見つけて、
そのタグソースをページに反映させる実験を繰り返していた。

JSファイルを作成する方法、ページ内にスクリプトを置いてボタンを設置する方法、
・・様々のパターンと改造を繰り返すが、

・・・思い通りにならない。

で、
今日も同じように、数時間の悪戦苦闘だった、
が、最近見つけた、このようなページは、どれも参考にならなかった。


そこで、大昔からあった、
「JavaScript 実用サンプル」
http://あるてみす.jp/contents/javascript/jscopy1.htm
このページを参考に実験してみる。

ページの、
[簡単なサンプル4]のソースにチョッとだけ変更を加えたのは、
 使える[あるてみす.jp] 結局、古くても使える記事を提供していた。

最近のこの手の記事のホームは、
文字の反転だけとか、「テキスト、ボタン」を並べても個別に分離できなかったり・・、
結局、使えなかったが

「JavaScript 実用サンプル」http://あるてみす.jp/contents/javascript/jscopy1.htmは、
工夫で、TEXTAREA/INPUTタグのどちらでも応用ができるようだ。

このこれから作成予定の「ワンクリックコピペ」ページは、
1ページ作成が、数日かかるかもしれないので、
タグソースの設置が可能ということで、数日後から取りかかる予定とする。
 使える[あるてみす.jp]



posted at 2019/11/24 20:04:10
lastupdate at 2019/11/24 20:04:10
[修正]
comments (0) || trackback (0)
 
▲ Pageの上へ ▲





2年プラン月額3.29ドル快適なオンラインセキュリティー今すぐNordVPNをゲット【NordVPN.com】
**快適なセキュリティ&オンラインプライバシー*

制限のない安全なインターネットアクセス。
今すぐ暗号化し、ハッカーやスヌーパからPCを守りましょう!

Official website【NordVPN】



久しぶりのパソコン起動で、何かが?変ったらしい。

殆ど多くは、ローカルで起動して使う「GoogleChrome」が動かない。

ので、
新たにインストールしたものの、
「ユーザーアカウント制御ウィザード」が必ず表示されるようになった。

コントロールパネルで「アカウント制御設定変更」のレベルを落としても全く効果は無かった。
 パソコンの何が?変ったんだ

結局、有効な手段は以下に、
『google chromeのプロパティーの互換性と、特権レベル』

 ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
「すべてのプログラム」を選択する。⇒その中から「google chrome」をクリックする。
⇒そうすると、フォルダ?みたいなモノの中に「google chromeをアンインストール」と「google chrome」の
2つのアイコンがあります。
⇒「google chrome」を◆右◆クリックします。

⇒そうすると、メニューが表示されるので、プロパティを選択します。
⇒そうすると、パネルが表示されますので、その中から「互換性」のタブを選択します。
⇒その中の、下のほうの項目に「特権レベル」というチェックがあると思います。

■「特権レベル」のチェックは、外すべき・・
 パソコンの何が?変ったんだ 外す前の状態
 ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

パソコンの何が変ったんだろう??

細かい問題が、多発・・。
 パソコンの何が?変ったんだ



posted at 2019/11/24 13:04:10
lastupdate at 2019/11/24 13:04:10
[修正]
comments (0) || trackback (0)
 
▲ Pageの上へ ▲





MiniTool Partition Wizardは、数百万のユーザーを保有する高い口コミを持ち、使いやすい優秀なパーティションニングソ フトとして、豊富、統括的な機能を提供して、ディスク/パーティション自体に関するあらゆる操作、またディスク上のデータの抹消や復元、OSの複製/引っ越しなどなどのニーズを柔軟に素早く実現できる、信頼性の高いディスク/パーティション管理ソフトです。

ハードディスク管理機能
 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※




一週間・・何もしない症候群で、パソコンから遠ざかっていた。

思い切ってパソコンの電源を入れる。


「Windowsを開始できませんでした。・・」
・修復起動の(推奨)
・通常起動する

このような画面が現れると、頑固に「通常起動」を行うと決めていて、
3回以上この画面にならないと頑なに修復起動は選択しない。

以前にこの「修復起動」を行ったことで、何度もパソコンが壊れた経験からだ。


今回は、連続2回この
「Windowsを開始できませんでした。・・・」が現れて、
やっぱり、「通常起動」でパソコンは正常に起動した。

しかし、
その後に、再起動してみる・・と、

このことに関係があるか無いか?わかりませんが、

「utilDebugLog.dllがない」というウイザードが?
 Windowsを開始できません (この文字列は、コピーできない)

このファイル名を検索すると、
「utildebuglog.dllファイルのダウンロード」
https://www.filehelp.jp/dll/utildebuglog-dll

「ほぅ?ファイルがダウンロードできるなら・・」

ページのダウンロードして、コピペを・・という説明だが、
実際には、これを実行することは、出来なかった。

「管理者権限で・・」・・とか、これを解除できなかった。
しかし、
後で分かったことだが、恐ろしくとんでもない勘違いで無理やりに実行しなくて、・・出来なくて良かった。


いくつか検索でヒットしたページに、「ウィルスバスターが・・」とか?
(「utildebuglog.dllファイル」が、ウィルスバスターフォルダ内にあるものと思っていたから・・)

随分後に分かったが、実際に確認できた(在った)のは、「AMSP」だった。
C:\Program Files\Trend Micro\AMSP
の中でした。・・ホッと胸を撫で下ろす出来事だ。

気になったので「ウィルスバスター」のアイコンをクリック、
?!?!、タスクバーのアイコンをクリックするが、全く何の反応も無くなっていた。

そういえば、最近「ウィルスバスター」が動作していなかったようだ。
(何故か?「GoogleChrome」が起動しなくなっていたので、インストールして上書き。)


そこで、検索した中で、1個見つけたのは、
「無料バージョンアップ」
https://esupport.trendmicro.com/support/vb/solution/ja-jp/1104887.aspx?_ga=2.22388019.929989324.1574530545-1119764995.1574530545

で、
「無料バージョンアップ・インストール」ボタンをクリック、
指示表示通りに、再起動。

どうやら、「ウィルスバスター」は回復。

しかし、設定は初期化される。

初期の設定では、ブラウザ設定のチェックボタンがあるが、どうやら、1個しか設定できない。

ウィルスバスターのブラウザ認証を複数にするには、各ブラウザの拡張機能で設定ONにする。


最後に思ったのは、時折、頻繁になる「Windowsを開始できませんでした。・・」選択画面では、
3回連続に現れたら・・ではなくて、2回連続現れたら素直に「修復起動」を選択するべきなのだろうか?
という迷いが出てきました。
 Windowsを開始できません Windowsを開始できません



posted at 2019/11/24 7:39:16
lastupdate at 2019/11/24 9:59:22
[修正]
comments (0) || trackback (0)
 
▲ Pageの上へ ▲




Search

検索オプション

FreeLinkSpace / Otherwise


Pageview Ranking
▲ Pageの上へ ▲


pplog2 by Rocomotion pplog2 by Rocomotion