便利なホームページの作成に必要な、これは便利と思われるhtmlソースやタグ、CSSやCGI又.htaccessなどのソースを紹介します。

青色のテキストをクリックコピーして、ページの所定位置に貼り付けてください。
 前に表示したページに戻る

※ サンプルは、「初期状態」なので、一旦移動してから・・・。

■ ⇒ 【サンプル】

「前に戻る」スクリプトだけでも、いいかも。
<html>
<head>
<title>前に表示したページに戻る</title>
</head>
<body>
<a href="javascript:history.back()">前に表示したページに戻る</a><br>
<br>
<a href="javascript:history.go(-3)">3つ前に表示したページに戻る</a><br>
<br>
<a href="javascript:history.forward()">次に表示したページに進む</a><br>
</body>
</html>
 電光掲示板
■ 参考例⇒ 「 電光掲示板 」  色やサイズをアレンジしよう♪

<html>
<head>
<title>電光掲示板</title>

<script language="JavaScript">
<!--
//表示メッセージの配列
msgA = new Array( "私のホームページへ ようこそ!!",
"○月○日 訪問者が 100000人 を超えました。",
"○月○日 ホームページをリニューアルしました。" );
i = 0;
j = 0;
k = 0;
l = 0;
t1 = 100; //タイマー(ミリ秒)
t2 = 3 * 1000; //メッセージ静止時間(ミリ秒)
msg = "";
function ms() { //メッセージ表示
if(msg.length > i || j != 0) {
if(++i > msgA[k].length) {
i = msgA[k].length;
if(++l >= t2 / t1 / 2) {
if(++j > msgA[k].length) {
if(++k >= msgA.length) {
k = 0;
}
i = 0;
j = 0;
l = 0;
}
}
}
msg = msgA[k].substring(j, i);
}
else {
msg += "_";
}
document.form1.text1.value = msg;
}
function tm() { //タイマーセット
tm = setInterval("ms()", t1);
}
//-->
</script>

</head>


  ※ 以下も、参考にコピー!

<body onLoad="tm()">

<form name="form1" action="" method="" style="text-align:center">
<input type="text" name="text1" readonly
style="width:90%;color:#fff;font-size:15px;font-weight:bolder;border:none;background:#708090">
</form>


</body>
</html>
 文字列変換


「うそです」と書けば、「うそでちゅ」と書き換えられる。
「あげます」と書けば、「あげまちゅ」と書き換えられる。
「ありがとう」と書けば、「ありがとう♪(#^ー)v」と書き換えられる。
「たばこ」と書けば、「ゲホッゲホ(><。)y-゚゚゚」と書き換えられる。

工夫で便利に使えそうです。


■⇒ 【  文字列変換  】


下記の文章を書くか、コピペしてみて♪

ありがとう
たばこを吸う赤ちゃんですよ
もう、大人してます
</head>
<body>
<br>
<br>

<script language="JavaScript">
<!--
function baby() {
text = document.form1.text.value;
text = text.replace("です", "でちゅ");
text = text.replace("ます", "まちゅ");
text = text.replace("ありがとう", "ありがとう♪(#^ー)v");
text = text.replace("たばこ", "ゲホッゲホ(><。)y-゚゚゚");
document.form1.text.value = text;
}
//-->
</script>


</head>
<body>
<br>
<br>

<form name="form1">
<h1 style="font-size:20px">赤ちゃん言葉に変換</h1>
<textarea name="text" rows="20" cols="70"></textarea><br>
<br>
<input type="button" onClick="baby()" value=" 変 換 ">
</form>


<br>
<br>
</body>
</html>
 更新日時を自動で表示



所定の場所に書き込むだけで、更新日時を自動で更新します。
<script language="JavaScript">
<!--
update = new Date(document.lastModified);
pudatetime = update.getTime();
if (pudatetime < 0) {
pudatetime += 3155792400000;
}
else
if (navigator.userAgent.indexOf('MSIE') == -1 && navigator.userAgent.indexOf('Firefox') == -1) {pudatetime -= update.getTimezoneOffset() * 60 * 1000;
}
update2 = new Date(pudatetime);
year = update2.getYear();
month = update2.getMonth() + 1;
date = update2.getDate();
hours = update2.getHours();
minutes = update2.getMinutes();
seconds = update2.getSeconds();
if (year < 1000) { year += 1900; }
document.write('最終更新日:');
document.write(year,'年');
document.write(month,'月');
document.write(date,'日 ');
document.write(hours,':');
document.write(minutes,':');
document.write(seconds);
//-->
</script>
ページリストへのリンク 内容説明
「.htaccess」を使って
このページに移動する  
特定IPを指定ページへ移動 index.hml以外をデフォルトファイルに
cgi拡張子をhtml拡張子に変換・転送 html拡張子でPHPページ表示
トップページ以外へのリンクは、トップページに転送
HTMLファイルでCGIを動作させる トップページを任意ファイルに変更
HTMLソース
このページに移動する  
5秒後に指定URLに移動のメタタグ テキストボックス
プルダウン チェックボックス ラジオボタン テーブル(文字位置 align)
JavaScript
このページに移動する  
 前に表示したページに戻る 電光掲示板 文字列変換 更新日時を自動で表示
CGI(Perl)
このページに移動する  
 おみくじ 更新のたびに背景画像を変える 訪問回数
CGI(Ruby)
このページに移動する  
カレンダー 訪問回数 時刻によって挨拶文を変える
スタイルシート(CSS)
このページに移動する  
マウスオーバーで、カーソルの形を指定 ボタン風リンク 縦書き
矢印リスト CGI(Python)
このページに移動する  
カラーチャート IPアドレス取得・表示 日時取得・表示
その他便利等1
このページに移動する  
 枠線の種類 文字表示 【背景色と文字色】の関係
その他便利等2
このページに移動する  
サイト内検索窓 文字列に背景色をつける